1. ホーム
  2. ブログ

ブログ

インド料理教室

2019/12/25

皆さんこんにちは(*‘ω‘ *)

 

9月から営業2課へ移動した江口です。

わからないことばかりでご迷惑をおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします。

 

久々のブログで何を書いたらいいか迷いますが、最近あったことを書きたいと思います。

 

最近寒い日が続いているので、今年の冬はスパイスで乗り越えようと思い

 

先日インド料理教室に参加してきました(^^)/

 

今回はクリスマスが近いこともあり、パーティーで使えるインド料理でした。

 

 

                                                                                                

        本日のメニューは

                                                                      サモサ(ジャガイモのパイ包み)

                                                                      チキンチリ(チキンと野菜のドライカレー)

                                                                      チャナフライ(ひよこ豆のおつまみカレー)

                                                                      ドレッシングを使わないアジアンサラダです。

 

2時間ほどでおいしく出来上がりました。

 

調理実習の後スパイスを購入したので、自宅でも作れるように頑張ってみようと思います。

 

 

 皆様も体調に気を付けてご自愛くださいませ。

 

 以上2課の江口でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

献鮭祭(けんけいさい)

2019/12/18

鮭を神様の使いとして祀っている嘉麻市、大隅の鮭神社で

1213日に、献鮭祭が行われました。

毎年、氏子流域住民・水産関係者で五穀豊穣や無病息災を祈り、

その年の遠賀川流域を遡上してきた鮭を境内にある

鮭塚に奉納する神事だそうです。

 

鮭製品の製造、販売をしている我が社でも毎年参列していて

今回も、一課O課長が代表で

今年一年を感謝するとともに、来年無事に

お商売をさせて頂けるよう、奉納してきました。

 

古い習慣が面倒くさがられたり、IT文明が日々進化する中でも

 

こうした昔からの神事は深い意味や価値があるので

 

大切に受け継いでいくべきだと、あらためて感じた行事でした。

 

                                                                           

                                                一課  佐藤

 

 

 

 

 

サンドピクチャー

2019/12/13

皆さん毎日のお仕事お疲れ様です。

 

今年の8月くらいだったと思います。

博多駅の阪急で サンドピクチャーというものを購入しました。サンドピクチャーとは

「オーストリア生まれのアーティスト、クラウス・ベッシュによって創造された、

 

きわめてユニークな動く砂の絵です。サンドピクチャーは砂と潤滑水と空気と

 

時間によって造り出される絵です。砂の落下速度はフレーム内の空気量で変化し、

 

砂が全部落ちて絵が完成したら上下を逆さまにすると、また新しく別の絵が創作できます。」っていうもので

 

早い話、額縁が2重のガラスになっていて、その中に下絵(私のは月)と水と空気といろんな色の砂が入っています。

 

ですから額縁を逆さまにすると、砂時計のような感じで砂がみずの中を降りてきていろんな形で堆積します。

 

同じ形にならないので 飽きないと思い購入しました。

 

今 自宅の壁に掛けて 時々上下逆さまにして 楽しんでいます。

 

 

① 砂が絵の下に堆積して 模様を作っています

 

 

② 回転させます。

 

 

③ 砂が 落ちていき、また新しい絵が出来上がります。

 

 

④ 壁のレイアウトは こんな感じです

 

 

ちょっと 今回はさびしい内容ですが 以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップへ